カメラも一緒に風任せ


by minesketch
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
  行き先不明1泊2日のミステリーバスツアーに参加して来た。
  以下の謳い文句に誘われてのミニ旅行である。

  "泉質自慢の一軒宿! 源泉掛流しの貸切風呂
  5食12大お楽しみ♪ 名旅館ミステリーツアー"

  12大お楽しみとは?? そんなことはともかく
  陸奥の静かな名旅館でゆっくり温泉に浸りたい・・・


<1日目>

  8時20分 東村山駅前 バスは予定通り出発した。
  所沢インターから関越道に乗り 一路北へ向う。

  最初に訪ねたのは 越後湯沢の関興寺(かんこうじ)
  NHK大河ドラマ "天地人" ゆかりの寺であった。
a0130054_11452619.jpg

  女性住職の 見事な語り口での説明によると、
  上杉謙信没後の家督相続争いの合戦:御館の乱の時、
  寺は戦火にあって消失したが 上杉より贈られた600巻の般若経を
  味噌樽の中に入れて炎から守ったと言う。 その時から
  『関興寺の味噌なめたか?』
  という言葉が現代に迄語り継がれている歴史ある寺である。

a0130054_1138811.jpg


  次に訪ねたのが 銭淵公園。
  此処も "天地人" ゆかりの地。
  近くにある山城:坂戸城は 直江兼続の居城として名高く、
  上杉謙信の姉:仙桃院の嫁ぎ先でもある。
  公園入口の売店は "天地人" 一色であった。
  公園の中を散策してみたが 人影なし。
a0130054_1365569.jpg


  六日町ICから再度 関越道へ。
  北陸道 磐越道 を乗継ぎ 津川ICで降りる。
   国道459号線はトンネルの多い道であった。
  今夜の宿は 角神温泉・ホテル角神であることが明らかになった。

  初めて通る道a0130054_13541270.jpg
  初めて聞く地名
  新潟県のどのあたりを走っている  のだろう?
  自分の位置をイメージすることが  出来なかった。






  誘いの謳い文句
  "泉質自慢の一軒宿! 源泉掛流しの貸切風呂"
  名旅館とあった案内に 偽りは無かった。
  施設 設備 サービス 環境 五つ星クラスかな と思う。 
a0130054_1324639.jpg

 本館と別館を繋ぐ長い地下道
a0130054_1625371.jpg



  このホテルの自慢の一つが、贅沢な広さの貸切野天風呂。
  僕らに割り振られた時間は 夜8時からの40分。
  カンテラの灯りで足元を照らし乍ら
  本館から150メートル離れた野天風呂に歩いて行った。
  狭い入り口を入ると 木立に囲まれた野原が広がり
  静寂の中に 源泉の湧き出る浴槽があった。
  星が瞬き 雲間からの月明かりを眺めながらの入浴。
  温めの源泉 長湯は出来なかったが 得難い体験であった。
a0130054_13571514.jpg


  本館に帰り 加熱してある温泉に入り直した。
  風呂から上がり 部屋の鍵を家内に確かめたら 持ってない と言う。
  部屋を出た時 鍵は? と確かめたら 持った と答えたはずである。
  ところが今 鍵のことは まったく記憶にないと言う 困った。
  オートロック式だから 部屋に忘れたのかも知れない・・・

  フロントに事情を話し 部屋の鍵を開けてもらった。
  しかし 探してみたが見当たらない 何処かに落としたのだろうか?
  再度フロントに話したら 僕らの歩いたコースを懐中電灯で探してくれた。
  総ての脱衣籠も確かめた しかし 見つけ出すことが出来なかった・・・
  万策尽きたフロントのA氏は 嫌な顔もせず新たにスペアキーを作ってくれた。
  しかも 気にしなくてもいいですよ と優しく言ってくれたと言う。

  疲れた顔で部屋に戻ってきた家内と 再度冷静に足跡を振り返ってみた。
  そうだ!
  見落としていた場所が一つあることに気が付いた。 
  温泉に入る前に お手洗いに立ち寄ったではないか!
  何処のトイレだったかな? 自信がない と言う。
  仕方がない 二人して確かめに行くことにした。 

  地下の長い通路を本館に向っていたら A氏と出逢った。
  見つかりましたか?
  もう1箇所探してみる場所を思い出しましたので 確かめに行くところです。
  何処ですか?
  本館の大浴場近くのトイレです。
  そうですか!
  A氏は駆け出して行った。
  A氏の後を追いかけ トイレ近く迄来た時
  手にした鍵を顔の前で振りながら A氏が階段を駆け上がって来た。
  ありましたよ!

  やはり鍵は落としたのではなく 置き忘れていたのである。
  懸命に探してくれたA氏は ニコニコ顔で よかったです!
  わざわざ作ってもらったスペアキー 恐縮しながらお返しした。
  迷惑を掛けてしまったA氏に二人して謝り 心からお礼を述べた。
  それにしても
  こんなに気持ちよく対応してもらったことは 今迄にないことである。
a0130054_1433368.jpg
[PR]
# by minesketch | 2009-09-04 10:26
a0130054_1211881.jpg


    久しぶりに本物の映画を観た と思う
    特撮で驚かす昨今の映画界にあって
    大自然を直視したスケールの大きい映画であった
    自然の四季が織りなす優しさ 厳しさ 美しさ
    その壮大な大自然とがっぷり四つに組んで
    ここ迄やれるのか! と感嘆する程に
    それは 時空を超えてリアルに再現されていた
    映画って ほんとに凄い! と感動した

    カメラマンの手腕には 改めて息を飲んだ
    その人は 木村大作 70歳 今や伝説の人
    日本映画界を代表するカメラマンである
    初めての監督作品だそうだが
    あの剣岳に腰を据え 険しい岩山を踏破して
    200日に及ぶ撮影をこなして完成させたという
    命がけの物語だが 映画作りも命がけであったろうと思う
    その情熱と完成度の高さに圧倒させられた

 
a0130054_1224497.jpg


    出演した役者は粒ぞろいであったが
    中でも香川照之の演技は秀逸であった
    これ以上望めない程の役作りに敬服させられた
    言葉使いの自然さは現地の人も驚いたそうだが
    僕の一番驚いたのは 彼の足運びであった
    それは ベテラン山岳ガイドとしての風格を
    その一投足だけで完璧に納得させてしまうものだった
    香川照之という役者の凄さを見せつけられた思いである

    映像の美しさは格別のものであったが
    その美しさを倍加する音楽の素晴らしさが心に沁みた
    それはクラシック名曲の数々であったようだが
    展開する映像と見事にマッチした選曲は見事であった
    その選曲も監督が自ら吟味したものと聞き納得である
    期待され当然の如く期待を上回る作品が誕生したことは
    伝説のカメラマン:木村大作の集大成と言えるのではないか
    そんな映画を作り得た彼 何て幸せな人だろう と思う
   
[PR]
# by minesketch | 2009-08-20 12:06

誕生日


a0130054_2204420.jpg


    今年の誕生日は 外国で迎えた
    秘境の一人テントの中で迎えたこともあるが
    今回はスイスの北にあるシャフハウゼン
    初めて訪れた歴史ある街の
    街はずれに建つ趣あるホテルの食堂で
    家内と二人で静かに祝うこととなった

    今日の夜は 特別だから
    赤のグラスワインをオーダーしよう
    家内のオレンジジュースの黄色いグラスと乾杯
    74回目の誕生日 おめでとう!

    正装したホテルのオーナーが
    火の灯ったローソクの立つ皿をもって現れた
     "Happy Birthday !"
    思い掛けない祝福に驚ろかされた

    ローソクの立つお皿の中から曲が流れ出た
     ♪ Happy Birthday To You・・♪
    ♪ Happy Birthday To You・・♪
     ♪・・・・・・・・・・・・・・

    それは小さなメロディだが 波紋のように
    優しく囁き乍ら 部屋全体に広がっていった
    同室の人たちが みんな笑顔を向けてきて
    僕ら二人を祝ってくれた
    何と ローソクがオルゴールだったらしい
    ありがとうの気持ちを込めて 笑顔で応えた
[PR]
# by minesketch | 2009-08-13 22:03

旅立ち

a0130054_12235472.jpg


     7月12日(うす曇)

     15日から3週間の旅に出る
     今年最初の海外旅行である 
     そして 
     最後になるかも知れないと思うヨーロッパ
     だから 
     雪山の見えるフランスとスイスに絞り
     さんざ迷った末 下記の訪問地に決めた

      成田 →ジュネーブ(空港) 
       シャモニー アローラ ツェルマット
       ミューレン グリンデルワルド 
       シャウハウゼン(初めての訪問地) 
       チューリッヒ(空港) →成田

     もはや無理は出来ないのだから 風任せ
     自然を楽しみながらの のんびり旅にしよう
     しかし
     出来るだけ欲張ってみよう とも思っている
     最後になるかも知れないと思うから
     帰国は 8月5日の予定である

     旅の大きな目的は 山岳風景の取材である
     山道も歩いてみよう と思っているので
     1昨日 池袋東武で新たに靴を買ってきた

     選んだのは 完全防水のウオーキングシューズ
     砂利道にも耐えられる素材で作られている靴底
     その分ハードで重くなるが やむを得ない

     年相応に弱まっている足だが この靴が 
     しっかりサポートしてくれることを願う
     15日からの3週間 快適に歩けますように!

     さて 足慣らし 靴慣らし 腹減らし 
     いつもの散歩コースを 歩いてこよう
[PR]
# by minesketch | 2009-07-12 12:30

里芋の葉っぱの不思議


a0130054_8492846.jpg


     7月9日(雨のち曇)

     朝から降っていた雨 午過ぎに上がった
     菜園に育つ 里芋の葉っぱを見に行った
     あった あった 葉っぱの上に水のビー玉

     ハート形の葉っぱに落ちた雨滴たちは
     コロコロ コロッと転がり集まり
     見事に美しい 水晶玉へと変身する

     里芋の 葉っぱの上の不思議であった
     触ると ビロードのように優しかった葉っぱ
     雨上がりの日の 子供の頃が思い出される

     その頃 頭の上にあった大きな葉っぱは
     梅雨時の遊びに 傘の代わりをしてくれた
     懐かしい思い出が滲む里芋の葉っぱである

     見ると 葉っぱの表には小さな産毛があって
     多分そのせいで 水滴は銀色に輝くのだろう
     そして 宇宙に浮かぶ地球へと変身する

a0130054_8392858.jpg

[PR]
# by minesketch | 2009-07-09 08:41